Home > Golf course
22 C
Thursday 09:00
Clear
Precipitation
0 %
Humidity
64 %
Wind
14 km/h

Hole # 1

Score All
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

PAR 1

view

PAR 2

view

PAR 3

view

PAR 4

view

PAR 5

view

PAR 6

view

PAR 7

view

PAR 8

view

PAR 9

view

PAR 10

view

PAR 11

view

PAR 12

view

PAR 13

view

PAR 14

view

PAR 15

view

PAR 16

view

PAR 17

view

PAR 18

view

ウォーターフォール最初のホールは、この先4時間、何が待ち構えているかを知ることができます。緩やかな起伏のある丘陵、池、よく計算されたバンカーが目を引くでしょう。パーで回るためにトラブルを避けるには、ボールをフェアウェイのセンターラインから少し右側に持ってきます。そうすれば、グリーンまでのイージーショットが可能になります。

マホガニーフォレスト パー4で回るには、ティーから気をつけなければなりません。右側のフェアウェイバンカーと左側の林から、適切な距離を保つようにしてください。ただし、あまりドライバーショットが長いと、後ろの池に入ってしまいます。硬いグリーンまでミドルからロングアイアンであれば、良いスコアを狙えるでしょう。

ビーチバンカーパー3が望まれますが、障害は池やビーチバンカーだけではありません。良いスコアを狙うには、グリーンの右側に打ってください。これを外すと、景色を楽しむことになってしまいます。

天国へのフェイドパー4ですが、ドッグレッグを切り込もうとしないで下さい。池やバンカー、林が待ち受けています。グリーンの端に設けられた新しいサイドバンカーを避けるには、フェアウェイの中央を狙い、正確にアプローチショットしてください。

番ホール : ブレーブハートパー5に挑戦するには、センターラインへのストレートドライバーショットが求められます。左側はマウンド、右側は池であるため、バーディは困難です。サードショットでは、グリーンを守るために作られたバンカーのことを考える必要があります。

フィッシュテール・パームパラダイス旗を狙います。このグリーンは、ティーからの正確さが求められます。どのような条件下でも難しいグリーンです。表面が硬くスピードが速ければ、このパー3はスコアに大きく影響するでしょう。

ダブルorナッシングパー5で回るには、ティーから戦略的判断が必要です。ストレートのロングドライバーショットであれば、グリーンまで2打で乗せることができます。グリーンは島に作られており、セカンドショットは正確でなければなりません。セカンドショットが安定していれば、このホールは上手くいくでしょう。

帰れぬジャングルフェアウェイの左側と右側にバンカーがあるので、正確さが求められます。パーフェクトなティーショットを打たなければ、フェアウェーの周りに捕まってしまいます。ピンは、グリーンサイドのバンカーの後ろにあるため、セカンドショットがこのホールの結果を決めます。

砂漠ショートですが、パー4は難しいです。広大なバンカーに悩まされないことを祈ります。慌てると、グリーンの右側の湿原にショットが入ってしまうかもしれません。左側にはグリーンを守るバンカーがあります。最初の9ホールを良いスコアで回るには注意が必要です。

象の背中長いバンカーがあるので、ティーショットを外す恐れがあります。グリーンの周りに障害が少ないため、セカンドショットが正確であれば、バーディも狙えます。

アイランドグリーンティーから距離があります。雑草が伸びている場合、右側には行かないようにしてください。グリーンは3方向を池に囲まれ、1方向にはバンカーがあるので、ショートアプローチショットに騙されないで下さい。グッドラック!

マウンドの谷シグネチャーホールであるこのパー3は、広大なビーチバンカーと、よく守られたグリーンの美しい景観だけでなく、かなり難しいホールであることで有名です。ピン位置が難しく設定され、パッティングの腕前が問われます。アルパイン・ゴルフクラブの真の醍醐味を味わってください。

タイガー&イエス戦略が必要なホールです。良いスコアを目指すには、フェアウェイのバンカーのことを考えなければなりません。新しくフェアウェイにバンカーが加わりました。さらに、フェアウェイは右側から、池に向かって左側に傾斜しており、飛距離のリスクを犯す価値があるかをよく考えなければなりません。ビッグヒッターは、傾斜するグリーンにショートチップで乗せることができます。グリーンスピードが速いので、ピン手前を狙うのがベストです。

アルパインの世界このホールには、全体的に背の高い木があります。追い風であれば、パー5で、バーディチャンスもあります。フェアウェイは狭く、バンカーも多いため、ティーから正確さが要求されます。セカンドショットが良ければグリーンを狙えますが、グリーンサイドにバンカーがあるのでピン位置に気をつけてください。ショット数が多くなってしまうかもしれません。

隠されたターゲットグリーンまで200ヤード以上あるので、ロングアイアンとパッティングの腕前が問われます。グリーンの前に新しくバンカーが作られ、ピンにより確実に寄せなければならず、プレッシャーがかかります。

ペニンシュラ・ランディングこのホールは、短いパー4が要求されます。上手くドライバーショットを打つと、グリーンまでのチップショットが容易になります。林を越えて左側へビッグドライバーショットを打てば、一打でグリーンに乗せるチャンスがあります。リスクも高いですが、バーディかそれ以上も期待できます。厳しいコンペの場合、このホールでドラマが生まれます。

悪魔のバンカー最後から2番目のロングオープンホールです。右側には障害があり、バーディチャンスを奪います。ティーから、右側の池と左側のマウンドに気をつけてください。グリーンは前方および左から守られていますので、ツーショットでグリーンに乗せるのは大変です。

チャンピオンシップ・チャレンジこのホールは、プレッシャーのかかる正念場です。ドライバーとショートアイアンを使って正確にグリーンに乗せることが期待されます。ピンに寄せるには注意が必要です。グリーンの周りは傾斜しており、バンカーもあるので、ゴルファーを悩ませます。